脊柱管狭窄症

「脊柱管狭窄症」

「脊柱管狭窄症」ってどんな病気なのかご存知ですか?
どんな症状が出るのか、どうして起きるのか、今回はそれらをお話ししていきたいと思います!
「脊柱管狭窄症」とは私達の身体にある背骨(脊柱)に起こる疾患の一つです。

まず背骨の構造を簡単に説明します!
背骨は24個の「椎骨」と言われるブロック状の骨が柱の様に連なって出来ています。
椎骨の後方にはそれぞれ穴が空いており、24個がつながる事で背骨の後ろには首から腰まで長い骨のトンネルが構成されこの骨のトンネルを「脊柱管」といいます。
「脊柱管」の中には脳からつながる太い神経の束である「脊髄」が通り脊髄から枝分かれする様に腕や脚などに神経の枝が伸びていきます。

脊柱管狭窄症とは名前の通り、この脊柱管と呼ばれるトンネルの一部が何らかの原因で狭くなり(狭窄)神経が圧迫される物をいいます。
この狭窄部位が首で起きると「頚部脊柱管狭窄症」腰で起きると「腰部脊柱管狭窄症」と呼びます。

ではなぜ、「脊柱管」は狭くなるのでしょうか?
様々な原因がありますが、代表的な原因だと椎骨に負荷がかかり過ぎて骨が変形してしまったり、椎骨と椎骨を繋げている靱帯が厚く肥厚してしまいトンネル内を圧迫するケースや椎骨のズレが原因になる場合などがあります。

脊髄が圧迫される事で様々な症状が出てきます。

「頚部脊柱管狭窄症」の場合
・首、肩周辺の極度のコリや緊張
・両方の肩から両腕、手指にかけての痛みや痺れ。
と、いった症状が出てくる他、さらに状態が悪化すると

・手指のもつれ、細かな作業が出来ない
・握力の低下
・下肢、体幹の痺れ
・歩行障害
・排尿障害
など、首の神経圧迫が原因で脚にまで症状が及ぶ事もあります。

「腰部脊柱管狭窄症」の場合
・腰部の痛み
・休み休みでないと歩けない(間欠性跛行)
・両脚の痺れや感覚異常
と、いった症状が出てくる他、さらに状態が悪化すると

・下肢筋力の低下
・尿の出が悪くなったり、尿が漏れてくる(排尿・排便障害)
・肛門周囲のほてり感
などの症状が発生します。
背骨の変形や、靱帯が肥厚した事で狭くなった脊柱管は基本的に自然に広がる事はありません。
負担をかけ続ければ前述した様に徐々に患部の状態が悪化し症状も増悪するリスクが増加していきます。最終的には脊柱管を広げる為には手術しかありません。

大切な事は早期から治療を開始し、症状が増悪しない様に首や腰にかかる負担を減らして行く事です。

船堀駅前りゅうせい接骨院

〒134-0091東京都江戸川区船堀3丁目5-19 カーサシーダ1F