坐骨神経痛

 「坐骨神経痛」とは何なのか、なぜ起こるのか、どんな症状が出るのか、そんな事を説明していきたいと思います。

 坐骨神経痛とは

 坐骨神経痛は、腰のあたりから出て腰部、大腿、下腿へとつながっている人体の中で最も大きな神経です。その領域である殿部から足の裏側に痛みや痺れを生じる症状の事を坐骨神経痛と呼びます。

 その症状の始まりは様々で、突然腰部に強い痛みを覚え、これが大腿、下腿に放散し、痛みの為に動けなくなくなったり、日常生活やスポーツ、仕事などで腰痛を繰り返す内に急に悪化して発生します。

 なぜ起こるのか

 背骨は椎骨と呼ばれるブロック状の骨が上下に連結してできています。多くは背骨の腰の部分に存在する腰椎に異常が生じる事で、坐骨神経が刺激を受けたり圧迫されたりする。「腰椎椎間板ヘルニア」、「腰部脊柱管狭窄症」などの脊椎疾患が原因になったり、重労働やスポーツ、長時間のデスクワークなどで坐骨神経が圧迫されて起こる「梨状筋症候群」、「腰椎すべり症」、脊椎や脊髄、骨盤にガンが出来る事でも原因になります。他にも日常で行う動作や生活習慣が原因になる事も多いです。

 

 例えば、姿勢の悪さは身体に偏った負荷がかかり、脊椎疾患を引き起こします。冷えやストレス、運動不足をきっかけとした筋肉の凝り固まりや血流の滞りも坐骨神経痛の原因になったりします。そして、妊娠中に骨盤が開き始め、その骨盤の開きが坐骨神経を圧迫し坐骨神経痛になりやすくなったりします。

 どんな症状が出るのか。

 主な症状としては、腰から殿部、大腿、下腿にかけて広がる痛みとしびれになります。代表的な場所は、殿部、大腿の後ろ側、下腿で1部分だけに強く感じることもあれば、下肢全体に強く感じる場合もあります。他にも腰を動かすと脚の痛みが激しくなったり、安静にしていても殿部や脚が激しく痛んで眠れない、立っていると脚が痛んできて立っていられない、殿部の痛みが強く、座り続ける事が困難になったり、くしゃみや咳によって腰から下肢にかけて鋭い痛みが走ることもあります。ひどくなってくると、尿が出にくくなったり、もらしてしまう排尿障害や、会陰部がしびれたり、ほてるなどの異常感覚が生じたりもする大変危険な症状です。

 

 

船堀駅前りゅうせい接骨院

〒134-0091東京都江戸川区船堀3丁目5-19 カーサシーダ1F