五十肩

一般的に五十肩と呼ばれる疾患は40~50代に多く発症し加齢、過労で肩関節を構成する骨や軟部組織の変性を基盤として起こる肩関節周辺の疼痛、運動制限を言います。
しかし五十肩にはこれと言った発生原因は存在せず肩関節で起こる数々の疾患をすべて除外しそれでも原因を追究する事が出来ない肩関節の運動制限を伴う疼痛を主症状とした疾患を総じて五十肩と呼んでいます。
また肩関節周囲炎、凍結肩(フローズンショルダー)はこの五十肩と同義になります。

元々五十肩は腱板損傷、石灰性腱炎、肩峰下滑液包炎、上腕二頭筋長頭腱炎などを含む総称でした。しかし近年では画像所見や関節鏡検査の技術の進歩によりそれらすべてを除外しそれでもなお残る肩関節の痛みや運動制限を五十肩と呼んでいます。明らかな発生原因が無いのが五十肩の定義になりますが患者様に痛み出した起因を聞いてみると肩関節の水平伸展(後ろの物を取ろうとした際)や肩関節の挙上(頭上の物を取る)の際などの動きがトリガーとなり痛みを感じたと言う事が多い傾向にあります。
急に現れる物や徐々に表れるものもあり、日常生活においては髪をとかす、帯やエプロンを結ぶ動作が困難になるます。
五十肩は大きく3つの病期に分かれています。

〇炎症期〇
2~12週間程度の期間で痛みがもっとも強い時期で肩の前方あるいは深層に疼痛を感じ、夜間痛により睡眠が障害されるほどです。衣服の着衣も困難となる為に日常生活に多くの弊害を出します。

〇拘縮期〇
3~12ヶ月程度で拘縮が完成される時期で炎症期ほどの疼痛は無いものの就寝時の寝返りの際に痛みで起きてしまう事もあります。

〇解氷期〇
日常生活の工夫やこまめに温めるなどで拘縮が次第に改善されていく回復に向かう時期です。

<五十肩の治療法>

〇炎症期〇
炎症期ではむりに動かすことは好ましくありません。運動をしっかり制限し、肩を冷やさない様に心掛けていく事が重要になります。

〇拘縮期〇
ホットパックや赤外線などの温熱療法を行っていきます。同時に減少してしまった可動域を取り戻す為に無理のない範囲でストレッチを行っていきます。※コッドマン体操(アイロン体操)もお勧めです。

〇解氷期〇
徐々に自身で動かせる運動域を増やす様に積極的に関節の運動を行い、ストレッチなどで筋肉、関節の柔軟性をつけていきます。
ここで重要な事は解氷期とは言えど、必ずしも何もせずに状態が回復するわけではないと言う事です。
リハビリを行い正常な関節の動きを取り戻していくことが必要になります。

<最後に>
大切な事は五十肩は改善までに大変多くの時間が必要になる疾患である事を認識する事です。
痛みや可動域が改善するまでに平均で1年半と言われています。
また拘縮期に痛みを怖がって全く動かさない状態が続くと関節の固さが増悪し、痛みは少なくなったが腕が上がらないままになってしまうこともあります。
肩関節は元々動く範囲がとても広い関節です。可動域が狭いままだと日常生活に大きく支障が出てしまいます。
早期の治療開始と根気良く治療を続ける事が重要です。治らないと諦めず是非一度当院へご相談ください!

船堀駅前りゅうせい接骨院

〒134-0091東京都江戸川区船堀3丁目5-19 カーサシーダ1F